ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬として幅広い年代の方に使用されています。他にも腎臓や心臓など内臓に対する負担も軽減する事が期待できます。高血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスで一発解消!

血圧を測定する医者
お知らせ
多様な錠剤

ミカルディスは降圧剤と呼ばれるタイプの薬です。
降圧剤と言うのは簡単に言うと、血圧を下げる効果のある薬という事で、ミカルディスは、その降圧剤の中でアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれる種類のものになります。
このアンジオテンシンII受容体拮抗薬は通称をARBと言います。
このARBのt区長としては他の降圧剤と比較すると大体中ほどの力で血圧を下げるような感じで、臓器を保護する作用があるとされており、腎不全や・心不全の治療にも利用されます。
また全てではありませんが、この種類の薬の中には尿酸値や血糖値の改善に効果があるとされるものもあります。
このARBの中のミカルディスの特徴としては、一回飲むだけで24時間その効果が持続するという薬の作用時間の長さがまず挙げられます。
そしてミカルディスには血糖値を下げる効果もあるため、糖尿病の改善にも利用されることがあります。

ただし、ミカルディスのみで糖尿病単独の治療に使われることは少なく、患者が高血圧と糖尿病の両方を患っている場合において、その領症状0に効果が期待できるミカルディスが利用されます。
服用した薬の排せつする経路としては、尿として排出されるか、便として排出されるかの二種類になりますが、ミカルディスは弁で排出されるタイプなので、腎臓の機能に不安がある患者の使用には注意が必要です。
ミカルディスが何故血圧を下げられるかと言うと、この薬に含まれるARBが体内の血圧を上げるRAAと呼ばれるシステムの中で、血管を縮める働きを持つアンジオテンシンIIの働きを阻害します。
それにより、RAA全体の動きを妨害し、血圧を上げてしまう物質が血管内に発生しないよう抑制するからです。
またミカルディスはノルバスクという医薬品と一緒に処方される場合があります。
ノルバスクも効果がある薬なので併用処方されることは一般的です。
ノルバスクとの併用に関してわからないことがあればお医者さんに聞いてみるといいでしょう。