ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬として幅広い年代の方に使用されています。他にも腎臓や心臓など内臓に対する負担も軽減する事が期待できます。高血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスで一発解消!

血圧を測定する医者
  • ホーム
  • ミカルディスが原因で副作用が出てしまった時

ミカルディスが原因で副作用が出てしまった時

電子血圧測定器

ミカルディスが原因で副作用が出てしまった時には、すぐに服用を中止しましょう。
頭痛や吐き気や顔や足のむくみなどの症状を感じたら、安静にしてしばらく様子を見ます。
落ち着くようでしたら、体調の回復に努めましょう。
長引く不調は病院で、事情を説明をして、お医者さんに相談をしましょう。

ミカルディスの副作用に限らず、高血圧の人の場合、血管が拡張されることによって頭痛が慢性的に続くことがあります。
そのようなら偏頭痛の可能性がありますので、偏頭痛の治療薬で対処しましょう。
高血圧への対応として食事は欠かせないものであり、自然の降圧薬とも言われる、カリウムの成分を摂取するようにしましょう。
野菜などにはたくさんのカリウムの成分が含まれていて、人間の体の中からいらない塩分を、自然に出し切るために働いてくれます。
だからカリウム成分のたくさんな野菜を選び、血圧の管理にも役立たせることができます。
食事と医療との関わりは深く、医食同源という言葉もあるくらいです。
血圧の上昇には塩分のとり過ぎがありますし、大量になった塩分は排出をさせる必要はあります。
余分となった塩分はカリウムを摂取することで、自然にどんどん排出されていきますので、血圧を下げる助けになってくれます。

高血圧の人であればなおのこと、日常の食事で減塩をしながら、カリウムの食材を献立に選択して入れましょう。
カリウムをたくさん含む野菜としては、葉物ではほうれん草が多いですし、根菜類ではじゃがいもも優れています。
海藻類にもカリウムの成分が多いので食べたいものであり、わかめにも多いので、お味噌汁の具材や、サラダなどにしても食べやすいです。
濃厚なバターみたいな美味しさがある、アボカドにもカリウムが含まれるので、かなり美味しい食材で、塩分の管理ができます。
カリウムの食材に関して、摂取量には特に数字的な決まりはないです。
果物にもカリウムが含まれていて、バナナやプルーンにも多いです。

サイト内検索
人気記事一覧