ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬として幅広い年代の方に使用されています。他にも腎臓や心臓など内臓に対する負担も軽減する事が期待できます。高血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスで一発解消!

血圧を測定する医者
  • ホーム
  • ミカルディスと制限と献立について

ミカルディスと制限と献立について

ミカルディス服用には注意もあり、服用経験あって、発疹やかゆみ等のアレルギー症状が出た経験があるようでしたら、お医者さんに相談をする必要があります。
胆汁の分泌が悪いとか、肝障害のある人も、同じくお医者さんに相談の上の服用となりますので、自己判断で飲み始めないようにしましょう。

糖質制限では基本的に炭水化物を食べないので、今までの常識の主食がないことで、献立を考えることに困惑するかもしれません。
しかし従来の主食を食べるという固定観念を外して、炭水化物は必ず食べないといけないという、呪縛を取り払いましょう。
主食というよりは、本日の献立のメインは、肉にするか野菜にするかで考えると、割とスムーズにメニューは決まりやすくなります。
白米にはカロリーはありますが栄養はなく、菓子パンなどのパン類にはグルテンが含まれており、体内に炎症を引き起こします。

白米や麺類に菓子パンが大好きな日本人が多いので、それらの炭水化物や糖質を抜く食事なんて、ありえないと感じる人もいるでしょう。
到底無理な食事という捉え方をするのも無理はないですが、実際に実行をしてみますと、メリットが多過ぎる食事であることを痛感します。
最初は糖質制限での食事で、炭水化物や砂糖を食べないのは辛いと感じるかもしれませんが、およそ2週間程経過すると、さほどそれらを欲することさえなくなります。

砂糖も炭水化物も依存症のようなもので、麻薬性がありますので、それが次第に解き放たれていきます。
だからまずは、2週間だけやってみることです。
体重の減少や、精神面の安定を感じやすくなりますし、思考自体も前向きになったり、日中に眠くなることもなくなります。
炭水化物や砂糖類を食べない生活を始めますと、疲労感を感じにくくなりますし、回復力は高くなります。