ミカルディスは主に高血圧に効く治療薬として幅広い年代の方に使用されています。他にも腎臓や心臓など内臓に対する負担も軽減する事が期待できます。高血圧はもちろん、内臓も気になり始めたらミカルディスで一発解消!

血圧を測定する医者
  • ホーム
  • ミカルディスと診断と欧米化について

ミカルディスと診断と欧米化について

アンジオテンシン受容体に作用しますのがミカルディスであり、血圧を上げるアンジオテンシンを阻害します。
こうした内部の働きを持って、血管収縮を抑制させますので、血圧を下げる作用をもたらすことになります。
ミカルディスの成分により、腎臓や心臓の負担も軽くなります。
毎年の会社の健康診断では、体重や体脂肪に、ウエスト周りの数字なども気になることでしょう。
日本での食事の欧米化により、今ではすっかり肥満率がヒートアップしていますので、普通にお腹いっぱい食べていたら、肥満へのレールを一心に進みやすくなります。
そこでいま見直されているのが、日本が誇る伝統ある和食です。
主食にお米を食べて、お味噌汁に煮物にやきさかなという和食は、日本人にも馴染み深い献立です。
高度成長期位に伴い、アメリカをはじめ海外からは、多くの穀物や肉類が輸入されるようになり、これまでにはない食文化が日本に入り込んできました。
それまでなかたような洋風のメニューが登場をして、街にはファストフードのショップも登場し、イージーで高カロリーな軽食を、気軽に食べられるようにもなりました。
時代はまさに、お腹いっぱい食べることが、幸せという時代だったのです。

欧米化の食事は日本人にも浸透をして、粗食の日本食は少なくなっていきました。
食卓には食品添加物等を多く含む食品が多くなり、砂糖や炭水化物に粗悪な油の食品が多いのが、現在の日本の食品事情です。
小柄な日本人の体型は、欧米化した食文化とともに、太り気味の体型が増えていったのです。
食事を変えることは体型をスリムに健康的にも変えていきますし、本当の健康にもつながっていきます。
その手引きとなりますのが、日本人の愛する和食のメニューであることは間違いがありません。